Skip to content

風俗求人サイトで高収入なバイトを探しているという大学生も増えています

以前は、30代前後の女性が風俗で働いているということがとても多かったのですが、最近は風俗で働いている女性の年齢層にも変化が現れてきています。ここ最近、19歳とか20代前半の大学や専門学校などに通っている若い女性が風俗で働くケースが多くなっています。

■インターネットの普及
インターネットが普及したことで、風俗の求人をインターネットでも探すことが出来たことも、学生で風俗で働く女性が多くなった理由といえるでしょう。

■学業と両立させやすいから
風俗の求人を見ると、1日2時間などといった短時間でも働くことが出来る風俗店が多いです。ですので、学生として勉強をしながら、高収入を稼げる可能性があるということで、風俗嬢として働く女子大学生などが多いのです。特に親元から離れて、一人暮らしをしている大学生が風俗で働く傾向があります。

家族と暮らしていたら、高収入を得ていたら怪しまれてしまう可能性が高くなってしまいますが、一人暮らしだと親に給料のことを知られることもないため、風俗で働きやすくなっているわけです。また、自由出勤になっている風俗の求人も多いことから、テスト前になったら出勤をしないように調節しやすくなっているという点も、学生にとってメリットなのでしょう。

■学費を自分で払いたくて風俗で働く
最近は、ボーナスや給料を減らされてしまっていて、かなり経済的に厳しくなっている家庭が多くなっています。そんな親の負担を少しでも軽減したくて、自分で学費を支払うために親に内緒で学費を支払っているという女性も多いです。また、学費ではなくても、アパートの家賃や生活費は自分で負担をしたいという理由から、風俗で働くケースも少なくありません。

Published inブログ